公認会計士や簿記2級の勉強│独学と通信講座の講義で克服

勉強道具

医療事務は人気の資格

勉強

病院・医院の事務の専門家

就職に直結しやすいと言われる資格は世にたくさんありますが、その中でも特に人気が高いものの1つに医療事務があります。 医療事務は病院やクリニックなどの医療機関における事務的な仕事全般を担当する職種です。受付や会計、カルテの管理、診療報酬の請求など幅広い業務をこなして医師や看護師などの専門職をサポートします。 医療事務の資格が人気を呼んでいる理由は2つあります。1つは医療機関という、景気などに左右されにくい安定した職場で働けるということです。そしてもう1つは、手軽に試験準備ができるということです。医療事務について勉強する手段には独学、専門スクールへの通学、通信講座などがありますが、特に通信講座が充実している点に特徴があります。

受験対策は通信講座が便利

医療事務に関する資格は民間資格となっており、いくつかの団体が独自に認定を行っています。しかしどの資格であっても、通信講座による学習がメインとなっています。というのも、医療事務の中心業務である診療報酬の請求業務は、暗記力などよりも資料を見ながら正確な書類を作成する技術が問われるからです。そのため資料の引き方などを通信講座で学ぶことで十分な受験準備ができるのです。 ただ、これから資格を取ろうと考えている人が注意すべきことが1つあります。それは、現在の医療事務の現場ではコンピュータ操作が欠かせないものになりつつあることです。会計業務はもちろん、診療報酬明細書の作成も大半が電算化されています。高度なプログラミング能力などを求められることはありませんが、基本的な操作方法程度はあらかじめ知っておく必要があります。